しばまるblog

筋トレ好きIT企業の会社員が、筋トレ・IT・プロスピAのことについて書いています。

ITインフラの基礎#2 サーバとは何か

第2回は、インフラの心臓部である「サーバ」について解説していきます。

サーバとは

サーバとは、他のコンピューター(パソコンなど)からの要求を受けて、処理結果や情報を返す仕事をするコンピューターのことを指します。

このような、仕組みをサーバクライアントシステム(略して「クラサバ」)と言います。

サーバはパソコンよりも規模が大きく専門的な要求や指示に対して応えることができる点が特徴です。

 

サーバを使うことで、メールやWebページの閲覧を実現しています。

また、サーバは求められる要求や指示によって様々なサーバが存在します。



用途に応じて、データベース(DBサーバ)、ファイルサーバ、メールサーバ、Webサーバなどがあり、用途ごとにOSやアプリケーションなどのシステムを構築しています。

 

物理サーバ

パソコンもサーバもコンピューターの一種です。コンピューターは以下の5つの装置から成り立っています。

 

・演算

・制御

・記憶

・入力

・出力

 

物理サーバを構成する主な部品は、以下の通りです。

 

・CPU

・メモリー

・記憶装置(HDD)

 

そのほかにも様々な部品が集まって物理サーバは構成されています。

 

OS

OS(オペレーションシステム)は、コンピューターの基本的な制御を担当しています。基本ソフトウェアと呼ばれることもあります。

OS、ハードウェアとミドルウェアの間をつなぐ役割を担っています。

メモリやCPUを制御したり、ネットワークを管理したりと、多くのソフトウェアが共通して使う部分を効率よく管理、提供しています。

 

サーバで使われる代表的なOSは、「Windows Server」「Red Hat Enterprise Linux」「CentOS」「HP-UX」「AIX」などがあります。

 

その他にも、みなさんが持っているスマートフォンにも使われています。

 

iOS

 Appleが開発した。iPhoneiPadで使われている。

Android

 Googleが開発したOS

 

ミドルウェア

ミドルウェアは、OSとアプリケーションの間に位置している、特定の機能に特化したソフトウェアです。

 

OSは汎用的な機能を担い、アプリケーションは業務の遂行に特化した機能を担いますが、必要な機能の中にはアプリケーションほど具体的ではなく、OSほど汎用的でないものもあります。それを担うのがミドルウェアです。


OSは汎用的な機能しかないため、OS単体でできることは決して多くありません。
そのため、ミドルウェアがあれば複雑な処理ができます。例えば、サーバやデータベースとのやり取りはミドルウェアが担います。

周辺装置

サーバには、サーバを補佐する周辺装置が複数あります。
今回は、その中で「ストレージ装置」「テープ装置」を紹介します。

ストレージ装置 

ストレージ装置は、高性能なHDDを複数搭載した「データ保存に特化した装置」です。
データを失わないように耐障害性に優れ、サーバのHDDよりも安全にデータを保持することができます。また、高速な読み書きを実現するために多くのパーツがHDDの周辺を固めています。

さらにデータをHDD間でコピーするなど二重でバックアップを取得可能です。テープ装置と比べると高価な機器が多いです。

テープ装置

テープ装置は、ストレージ装置と同様に「データ保存に特化した装置」です。

HDDにデータを保存するストレージ装置とは違い、装置内のテープメディアへデータを保存します。
テープメディアは装置から取り出すことが可能です。そのためシステムから、離れた遠隔地へ保管することで、万が一の災害からデータを守ることもできます。

ITインフラの基礎#1 ~ITインフラの全体像~

ITシステム部門に異動になった人や、IT企業の新入社員、ITについて勉強を始めたばかりの人に向けた内容となっています。

これから数回に分けてITインフラの基礎知識を広く浅く解説していきます。

インフラとは何か

生活基盤となるもの

そもそも「インフラ(インフラストラクチャー)」とは、何のことを言っているのでしょうか。インフラとは「下部構造(インフラが下部、ストラクチャーが構造)」を意味しています。分かりやすく言うと「生活や産業の基盤となる設備・施設」のことです。私たちの身近なものでは水道・電気・ガスの設備や道路などがインフラです。

 

「インフラ」という単語だけで言われると抽象的で性質上捉えどころがないイメージですが、「交通インフラ」「社会インフラ」「通信インフラ」「産業インフラ」「ITインフラ」のように単語を組み合わせると、範囲が限定されてイメージがしやすくなります。

 

ITおけるインフラ

ITにおけるインフラですが、I先ほど説明したTインフラがITにおけるインフラになります。言い方を変えると「システムにおけるインフラ」とも言えます。
それではITインフラとは何を指しているのでしょうか。

 

システムを分解すると「アプリ(アプリケーション)」と「インフラ」に分けることができます。
分かりやすいように交通インフラで例えてみます。
アプリケーションは車、インフラは道路と例えることができます。アプリ(車)を動かすための下部構造(道路)をインフラが提供しています。

 

ITインフラは2つの要素から成り立つ
さらにインフラを細かく分解します。すると「ハードウェア」と「ソフトウェア」に分けることができます。

 

ハードウェア

ハードウェアとは、「物理的に存在するコンピューター機器」のことを指します。

代表的なハードウェアとしては以下があります。
それぞれの機器については次回以降で詳しく解説していきます。

 

パソコン

基本的には個人が使うことを前提に作られているコンピュータです。みなさんが一番なじみの深いのはパソコンではないでしょうか。
デスクトップ型、ノート型、タブレット型など様々なタイプがあります。
アプリケーションをインストールして、置くの多くの作業をこなすことができます。

 

サーバ

24時間365日常に稼働、そして高速処理といった要件のシステムで使用するために作られているので、パソコンに様々なパーツが高速化、冗長化されています。値段も数十万円~数千万円のものが多く使用されています。
サーバの種類はWebサーバ・メールサーバ・仮想化サーバなど多岐にわたります。

 

ストレージ

データの格納に特化した、大容量のデータを保存できる装置です。データの読み込み、書き込みを高速で処理することができるのも特徴です。

 

テープ

大容量のデータを高速で記録することができる機器です。データを暗号化するなどでセキュリティ対策も施されています。また、災害時に備えてデータをバックアップをテープの保管する際に使用することもあります。

 

ネットワーク

ネットワークとは、パソコン・サーバ・ストレージなどを接続したり、通信を制御することができる機器です。物理的なケーブルで接続する有線タイプと、Wi-Fiなどの無線タイプがあります。

 

ソフトウェア

ソフトウェアは目に見えるハードウェアとは違い、目に見える形はありません。
「コンピューターを動かすためにたデータの塊」のことを指します。

 

OS

コンピューターを動作させるためにプログラミングされたソフトウェアです。。例えば、画面出力や通信機能、各アプリケーションやミドルウェア間のリソース調整機能などを提供しています。

 

ミドルウェア

OSとアプリケーションとの間に存在するソフトウェアです。ある機能に特化したアプリケーションを、利用できる状態にする役割があります。

 

まとめ

ITインフラは様々な要素から成り立っています。“インフラ”という領域の広さと奥深さ理解していただけたかと思います。

今回は、各装置についてサラっと説明しましたが、次回以降でより詳しく解説します。